高齢が原因で不妊になってしまったら治療を受けよう

卵子の老化に打ち勝つ

夫婦

高齢女性が妊娠する確率は低い傾向にあり、不妊治療を受ける人が増えています。早く授かれるように、結婚前にブライダルチェックを受けたり、不妊治療にかかる費用を補助してくれるかなど、事前に確認しておくことが大切です。

Read More...

妊娠には限界がある

親子

無知な方が多い

現在の日本は、女性の社会進出が進むことで晩婚化が進み、そして自然と妊娠しようと思う年齢が上がってきています。男性の精子は日々新しいものが作られますが、女性の卵子は年齢が増すごとに老化していきます。妊娠をしたいと思った時にはすでに卵子が老化しているケースが多くあります。一般の社会では高齢というと60歳代を想像しますが、妊娠においては35歳から高齢となります。35歳を過ぎる頃から卵子の老化は進み妊娠しづらくなります。35歳を過ぎてから妊娠を希望し不妊の治療に取り組んだとしてもなかなか良い結果をだす事は難しくなります。社会に出て仕事でキャリアを積んでいても、このことを理解していない方は多くいます。何歳であったとしても、結婚すれば妊娠もできると勘違いしていることが多いです。

ストレスに感じない

高齢で妊娠を希望する場合は、なるべく早く不妊治療に踏み切るほうが良いです。自然妊娠を試みているうちにさらに年を重ねることになるからです。人工授精など様々な不妊治療はありますが、男女ともに生殖器に問題がない場合は、不妊治療の他にもタイミングを見計らい性交渉を繰り返し行うことも大切です。高齢になればなるほど不妊であることに焦りを感じストレスになりますが、ストレスを感じると妊娠は難しくなるのでストレスを感じない程度に頑張ることが望ましいです。これからは、中学校や高校の授業の中で、避妊の方法だけを教えるのではなく、女性には妊娠するのには年齢的に限界があることなど、仕事と妊娠のバランスなどを教えることは必要です。

専門病院で妊活

赤ちゃん

不妊治療の高齢化と長期化が進んでいる中、高齢の女性が妊活をする場合にはステップアップの可能性も含めて専門病院を選ぶことが大切です。専門病院ではあらゆる面で不妊の女性たちが通院しやすい環境が整っていて、人気を集めています。

Read More...

妊娠へ導く医療体制

乳児

不妊はいろいろな理由があると考えられますが、その1つに高齢であることが挙げられます。この状態が不妊を招くことはよくあることで、卵子や精子の老化がそうさせてしまっています。このような状態から妊娠を目指すには、高度な技術を行う不妊治療に頼ってみることも大切です。

Read More...